スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもの可能性を伸ばす体験学習(Z会)

 仕事を覚える時にも「ロールプレイング」という方法があるように、何かを修得する上で、「体験する」ということは非常に重要で効果的なことです。
 特に子ども達は大人と違い、理屈で理解する機会が少なく、見たり聞いたり触れたりと自分で体験した時の記憶が大切になってきます。
 もちろん勉強もそうです。小学1・2年生の学習には知性を伸ばし、感性を育むことが重要で、Z会での学習もそこに重きを置いているからこそ体験学習が重要な学習方法として位置づけられています。
 春を探したり、カレーを作ったり、染め物をしたりと親子で楽しく体験しながら子どもの感性を育み、好奇心や可能性を広げることができます。経験を重視する体験学習の良さは、読んでいるだけでは分かりません、体験学習のページで体験してみてください。
 
 またZ会では、10~14歳を主な対象とした「読む力」「書く力」「聞く力」「話す力」「総合的国語力(=違う地域・違う時代の言葉の理解や一般的教養も含めた国語の力)」の5項目に分けて国語の能力を客観的に測る「国語力検定」を実施しています。年齢・学年を問わず同じ問題で得点に応じて9級~特級までの認定級が用意されています。「何歳が何級」というわけではないので、お子さまの成長を感じながら受験することができます。
 興味を持たれた方はサンプル問題も用意されている国語力検定のページをご覧下さい。


※BloMotion・キャンペーン参加記事
  1. 2007/04/15(日) 16:19:45|
  2. パソコン・インターネット
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinsyohingekiyasu.blog76.fc2.com/tb.php/175-bd2f1980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。